自由同和会京都府本部 21世紀は人権の世紀
Liberal Dowa Association Kyoto
 
第32回京都府本部大会・第22回京都市協議会大会
「部落差別解消法」を「拡大解釈せず有効活用する」
安倍晋三総裁・二階俊博幹事長らから激励メッセージ
 自由同和会京都府本部(上田藤兵衞会長)、京都市協議会(山口勝広議長)では、平成29年7月11日(火)、午後4時、京都ホテルオークラにおいて、「第32回自由同和会京都府本部大会」、「第22回自由同和会京都市協議会大会」ほか関係団体の大会を開催し、会員を始め行政、国会・府議会、京都市会議員、各種団体、大学、企業関係者ら300名が参加し、盛大に開催致しました。
 冒頭、山口議長が開会挨拶をおこない、続いて、主催者を代表し上田会長が挨拶を述べられました。
 来賓祝辞では、山内修一京都府副知事、村上圭子京都市副市長、田中ひでゆき衆議院議員、安藤ひろし衆議院議員、木村やよい衆議院議員、村田正治京都府議会議長、寺田一博京都市会議長、菅谷寛志自由民主党京都府支部連合会幹事長、川上高幸自由同和会中央本部会長の皆様方から頂きました。
 続いて、来賓紹介、祝電披露のあと、京都府の「人権啓発イメージソング・世界がひとつの家族のように」の作詞家である、鮎川めぐみさんをお招きし、手話を交えながら参加者全員で合唱をおこない、最後に、閉会の辞・ガンバロー三唱を徳永佑介事務局次長が元気いっぱいに挨拶し、全員でガンバロー三唱をおこない盛会裏に終えました。
トピックス一覧へ戻る
このページのTOP
機関紙組織紹介活動内容リンク Copyright(c)2002 Liberal Dowa Association Kyoto, All Right Reserved.